クラフト&ソーイング

娘が夏休みに突入し、付き合って暮らしている店主でございます。 塾に行ったり、図書館へ行ったり、家にいる時間も少ないのですが、それでもいつも朝出かけて行く時間よりも遅いため、おのずとルーティンワークも時間がずれがちです。 数年前から、こんな時には新商品の開発をするようになりました。 ぐぐっと集中して物づくりに没頭するよりも、あーでもない、こーでもないと考えながら手を動かす方が捗るんです。 …

続きを読む

八重桜の被布飾りセット

七五三で3歳さんの衣装に「お被布」というものがあります。 「被布」「被布コート」「被布着」などと表記される場合もあります。 これは着物の上から着用するコートの一種です。 まだ本式の帯を締める前の年齢ですので、体に負担のかからないように簡単な帯を締め、上からお被布を着てカムフラージュする役割のものです(余談ですが店主の娘が七五三をした時「どうせ見えないから」と帯なしで自家で着せてお参りを済ま…

続きを読む

箱迫風名刺入れ 金襴 犬張り子

新作の箱迫風名刺入れのご案内です。 犬張り子柄の金襴地を使用いたしました。 金襴地は薄手から厚手までいろいろありまして、これは結構ぽってりとした厚地の金襴です。 胴締めに下げた根付は、いつもはお花の形にしているのですが、これは無理なので丸い飾りにしております。 お着物の合わせ目から犬張り子が覗くように配置しております。 豪華で存在感のある仕上がりなので、成人式や花嫁さんの振袖におす…

続きを読む

箱迫風名刺入れ 古布 扇面

新作の箱迫風名刺入れのご案内です。 同じ生地での製作は2作目の作品になります。 素材不明の古布から製作いたしました。 疋田柄の地に扇の文様です。 お花の根付には、赤の疋田柄を使いました。 あっさりとした色合いですので、濃いめの色合いのお着物に使うとアクセントになります。 創作つまみかんざしと雑貨 Hana

続きを読む

箱迫風名刺入れ 古布 紺地に扇

箱迫風名刺入れ新作のご案内です。 Hanaで扱う生地としては珍しい、紺地の羽織地を使用いたしました。 写ってないのですが、元の羽織についていた羽裏を裏生地として使用しております。 シックな色合いなので、飾り房も濃紺でぐっと大人っぽく…と検討いたしましたが、ここは赤で無難に仕上げてみました。 振袖や小紋などにどうぞ。 房や御びら簪を外せば、紬にもお使いいただけます。 創作つまみ…

続きを読む

箱迫×つまみ細工コラボ

本日アップした「箱迫風名刺入れ懐剣セット 金襴 花唐草 白地 赤房 つまみ細工飾り」です。 自店で製作しているものにコラボなどと言ってしまうのはおこがましいのですが、得意分野を生かしつつ製作した品です。 花唐草の生地を使ったシリーズは、とにかく名前が長い! 赤地と白地があり、白地の方は更に赤房と白房があるので長くなってしまいます。 それに今回はつまみ細工の飾りをつけたので、Hana史…

続きを読む

ついついコレクション3

シリーズ3回目はリボンとチロルテープです。 バッグなどにちょっとあしらうと、急に乙女度が上がるのです。 昔、娘の通う幼稚園では冬のコートを専用のフックにかけておりました。 ところがその年に新しく買ったコートには、衿の下にタグがついておらずかけることができません。 そこでチロルテープを短く切って縫い付け、即席のタグにしたことを思い出します。 実用度が上がるのにかわいいというのもポイン…

続きを読む

ついついコレクション2

店主の素材コレクションパート2です。 台紙もかわいいボタンです。 左からプラスチック、刺繍のくるみボタン、陶器です。 これはアートっぽい感じのモダンなボタンです。 1個売りだったのを購入しました。 このボタンは、その昔会社に着ていくためのスーツを作った時につけたものです。 ステンカラーのジャケットと台形のスカート、それからお揃いの生地でワンピースも作りまして、スーツとアン…

続きを読む

ついついコレクション

仕事部屋の片付けをしておりましたら、レースのテープがたくさん出てきました。 ストックしておくと、使いたいときにすぐに手に取れて便利かな…とこつこつ集めたものです。 綿のトーションレースがほとんどですが、リネン素材のものもちらほらです。 キャミソールなどを手作りした際に、縁につけるとかわいいのです。 最近では集まりすぎて、引き出しが閉まらないほどになりました^^; 全部使い切ったら、…

続きを読む

前撮り

今の時期に急に成人式用の商品に次々とご注文をいただくことがあります。 写真屋さんが前撮りプランで安く撮れるんですね。 店主も今の時期に前撮りをしました。 ゆっくり支度できるので、手間のかかる日本髪なんかも結ってもらえます。 費用の面を考えると、当日1回で済ませてしまえば支度代は1回だけで済みますが、時間の節約と仕上がりの良さはやはり前撮りです。 前に友人の結婚式に出た時、お色直しを…

続きを読む