箱迫の使い方

zb-0051.jpg

Hanaで販売している箱迫は、木綿製です。
本当は正絹の布を使用したかったのですが、材料の都合からあまりカジュアル過ぎない色柄を選んでおります。
また箱迫本体はそんなに見せて使うものではないので、ぱっと見はそれほど見劣りするものではないと思っております。

そんな箱迫、使い方のおすすめは小紋です。
image0434.jpg

やはりちりめんや綸子等、ドレッシーなものが似つかわしいのですが、紬系にもいいと思います。

訪問着や色留袖、振袖にもお使いいただけますが、箱迫を使うのにふさわしい場合、ふさわしくない場合というのが存在すると店主は考えております。
たとえば成人式の振袖にはOKですが、結婚式にお呼ばれした時には飾りとしての用途でも挿さない方がよいでしょう。
理由は花嫁さんと同じになってしまうから。
古い時代には外出用のポーチとしての役目だったのですが、現代では箱迫を正式に挿して歩けるのは七五三の女の子か花嫁さんです。

どうしても挿したいという場合は、房飾りや御びら簪を外して、シンプルな形で使うことをおすすめいたします。
そして、花嫁さんの衣装に応じて控えめに使ってください。
ドレスや打ち掛けを着ていらっしゃる場合なら、そのままでOK!
花嫁さんが成人式の振袖でお色直しされた場合なら、そっと外してください。
引き振袖は…線引きが難しいところですが、着物の色が似てなければOKかな…。

つまり「自分がその場の主役」の時には箱迫を挿して、「自分が主役じゃない」時には挿さない方がマナーだと考えます。
小紋や紬は普段着なのでちょっとしたお買い物などのおでかけに、ちょいと箱迫を挟んで行くのもまたおしゃれです。
でも同じ服装で、主役がいるパーティに招かれたりした場合はまた考えは別となります。

もちろん地域や風習によって必ずしもそうとは限らないのですが、店主としてはそんな風に使っていただけたら周りも気持ちいいかな、と思います。

ちょっと老婆心が出ちゃったかしら^^;

Hanaオリジナル箱迫風名刺入れはこちらからご覧いただけます。
http://hana.hippy.jp/shop/hakoseko.html

この記事へのコメント